イン川とノルトケッテ
マリアテレッシア通でのファッシング
直線上に配置
 オーストリアは日本の北海道くらいの面積で、人口は780万人です。言語はドイツ語で、主な産業は観光です。首都はウイーンで、人口153万人です。2番目に大きな都市はグラーツで人口23万人です。ザルツブルグ、インスブルクは4番目、5番目になり、それぞれの人口は14、12万人です。

 冬の日は短く、気温は零下の日が続きます。ファッシング(謝肉祭)は「奈良のお水取り」にも通ずる、春を待つお祭りです。6月になって夏はいっきにやってきます。服装は一変し夏の装いになりますが、冬のジャケットは必ず持っています。街の花壇や家々の窓は花で美しく飾られます。

 標高574メートルのインスブルクはチロル地区にあります。山岳に囲まれ、イン川の谷間に開けた美しい街です。中世にはハプスブルグ家とともに栄えました。街には由緒ある町名や建物が残されています。

 市内の北には2334メートルのノルトケッテ、南には2246メートルのパッチャーコーヘルの山がそびえています。ケーブルカーで簡単に登れ冬はスキー、夏はトレッキングが楽しめます。

 ウインタースポーツのメッカでもあり、冬季オリンピックが2回開催されています。シーズンになると市内バスにスキー靴をはいたままゲレンデに向うスキヤーを見ます。

 市内にはエアーポートと鉄道中央駅があり、ヨーロッパ各都市をむすんでいます。鉄道は2等でも席は広く、ほとんど予約を必要としません。トーマスクックの時刻表をもって、近郊の美しい街や山を容易に楽しめます。

インスブルク

パッチャーコーヘルにて作者
直線上に配置