学生の研修旅行

医療短大ではドイツ、フランス研修旅行を行っていた。私が赴任した1994年に初め、隔年に実施して2002年5回目で終了した。
 最終回は2002年9月20日から27日までの旅行であった。医学・医療施設を訪問して外国文化を学ぶことが目的である。
 研修コースは衛生技術学科と診療放射線学科と看護学科の2コースで旅行スケジュールが異なる。参加学生は前者コース40名、後者コース29名の学生が参加した。
 前者のコースを記録する。

 早緑(2003年3月)
kensyuryoko.pdf へのリンク


出国とドイツ入国

 9月20日、朝8時に名古屋空港に集合する。教員3名引率する。会議室にて旅行出発の説明をして出国する。搭乗機はエアーバスA340でフランクフルトに降り、ドイツに入国する。国内線に乗り換えミュンヘンに入る。
 市内の新市庁舎(ノイエス・ラートハウス)に近いビアホール(ホフロイハウス)で夕食をする。翌日からオクトーバーフェストという世界最大の民族祭りが始まる。そのかめ、街はにぎやかであった。
 その後郊外のランツベルグにあるホテルに泊まる。


ロマンチック街道
 朝6時に起床し、7時30分出発する。フュッセン、ノイシュバーンシュタイン城、ローテンブルグ、ハイデルベルグを経てビュルツブルグにあるレントゲン博物館まで350kmをバスでロマンチック街道を走る。風景はロマンチックにほど遠い田園風景である。
 この高速道路(アウトバーン)は速度制限なし、無料である。国土の縦横にのびる高速道路のおかげで都市1局集中化が回避されているという。


ノイシュバーンシュタイン城
 最初の寄り道はノイシュバーンシュタイン城である。ミュンヘンから100km南西にあり、当時バイエルン州国王ルートビッヒII世が1869年から18年間かけて建て、湯水のようにお金を使って豪華に建てたメルヘン城であり、東京デイズニーランドのモデルのお城でもある。


ローテンブルグ
 出発点から250kmのローテンブルグに宿泊する。この街は中世に栄え城壁に囲まれた小さな街である。第2次世界大戦によって破壊されたが見事に復興された。街を散策するに1時間かからない、ドイツ中世時代の幻影に漂う素敵な街である。



ハイデルベルグ
 
ローテンブルグを朝8時に出発して、ハイデルベルグを訪れる。1386年プファルツ選帝侯ルプレヒトI世がドイツで初めてこの地に大学を創設した。学生の街として知られる。ハイデルベルグ城、20万リットルのワイン大樽、薬事博物館を見学する。ことごとくに異文化に触れ感激する。
 その後、ビュルツブルグに向かい宿泊する。


ビュルツブルグ
 ロマンチック街道終点の人口12万の都市である。日本に関わり深い都市でもある。1823年、ここ出身の医師シーボルトが幕末の長崎に来て日本にドイツ近代科学を紹介した。また、ダルマ型のビンが特徴であるフランケンワインが有名である。


レントゲン博物館
 ビュルツブルグ大学構内にあるレントゲン博物館を見学する。レントゲンは1885年にX線を発見して、1901年ノーベル物理学賞の第1回授賞者である。しばらくの間、博士の偉業に感激する。
 市街にある宮殿レジデンツを見学して、バスを北へ走らせフランクフルト空港に向かう。国内線に乗り夕方フランス、リヨンに着く。


リヨン
 リヨンはフランス南部にありパリ、マルセイユに次ぐ大きな都市である。紡績工業はフランス随一を誇り、食通の天国と紹介される。
 翌日、その街にあるビオメリュー社を見学する。



ビオメリュー社

 細菌検査で有名な企業である。研究者の育成やユーザー研修に力を注いでいる。細菌検査の自動機器と試薬開発について説明を受ける。
 リヨン駅からフランス新幹線TGVに乗ってパリに向かい、パリに宿泊する。パリまで430km、2時間あまりである。最高時速は日本より早い270kmであるが、窓の風景は広遠であるのでスピード感がない。



パスツール研究所
 研究所の見学は午後であるので、パリ市街のノートルダム寺院を見学して研究所に向かう。研究所はパリ市街を抜けた西北にある。
 パスツールは1822年に生誕した。24歳に科学者となり、微生物を発見して病気の予防に貢献した。酵母菌のアルコール生成を初めて発見したこと、55歳に狂犬病ワクチンを作成した説明を受けた。研究所の地下に博士のお墓がある。偉大な博士を身近に知れて、感激にしばらくしたった。
 その後、シャンゼリゼ通、オペラ座付近に戻り、買い物の自由時間である。



最後に
 
研修旅行は1週間、費用31万円である。一般に募集するツアー旅行に較べると割高感がある。参加率は学生の20〜30%である。実施時期としては冬休みあるいは夏休みを利用することになる。この回は夏休みを利用した。
 旅行中は現地ガイドが丁寧に世話していただいた。帰国後にとったアンケート結果は、旅行に満足した内容であった。これまで、本でしか知れなかったことが、まぢかに見れたことの効果は大きかった。
 事故、病気が最も心配であったが、幸い無事に帰国できた。

 

ビュルツブルグ

ノイシュバーンシュタイン城

パスツール研究所

ビオメリュー社

ハイデルベルグ

ミュンヘン